扉や窓の開閉状態をチェック

居室やトイレ、風呂や収納スペースなど、1つの賃貸物件でも数多くの扉や窓が存在します。物件を下見するときは、それら1つ1つの開閉状態をしっかり確認しましょう。キーキーと音がする、きちんと開かないなど不具合がないか確認します。もし不具合を見つけたら、入居するまでに直してくれるのか聞いてみる必要があります。また、できれば気になる箇所を写真に撮っておくことをおすすめします。

照明器具の有無を確認しましょう

賃貸物件によっては、部屋に照明器具がついていないことがあります。その場合は、自分で照明器具を用意しなければなりません。また照明器具が残置物である場合、交換や修理は入居者負担になります。そのため、照明器具があらかじめ備わっているものか、残置物であるかを事前に確認することをおすすめします。

部屋の鍵が古くないかチェックする

古い鍵であったりコピーの鍵であったりする場合は、前の入居者が使っていた鍵の可能性があります。もしそうであれば、防犯面で心配が残ってしまいます。そのため古い鍵であれば、防犯のために自己負担で鍵を交換することをおすすめします。最近の賃貸物件では入居時に鍵交換代が請求されることが多いですが、それがない場合は確認してみる必要があります。

携帯端末の電波状況はどうか

木造住宅の場合、電波が届きにくいことがあるため注意が必要です。また賃貸物件周辺に障害となる建物がある場合も同様です。もし電波が届かないことが分かれば、アンテナを手配するなどして改善できるかどうかを、あらかじめ電話会社に確認することをおすすめします。

札幌中央区の賃貸物件は、マンションをはじめとしてアパートを含めると数がとても多いですので、選び甲斐があります。

Related Posts