遮音性をよく分析してみる

一戸建て住宅を購入する場合、すぐそばに別の家がなければ大音量でテレビを見るのも音楽を聴くのも自由です。一方、マンションを買うという事は片方の壁(角部屋の場合)・もしくは両側の壁を見知らぬ人と共有することになります。そして、自分達が音漏れに気をつけていたとしても隣の人達がどれだけ音漏れしているか気づかずに生活していると、数十年に渡って騒音に苦しむ事になるかもしれません。そういった意味で、借りて一時的に住むのではなく購入して長期的に住む場合は特に建物の遮音性(防音性)を調べてみてください。なお、何か思いっきり音を出して弾きたい楽器(ピアノやギターなど)がある場合は、少しくらい価格が高くても楽器可能な物件を選ぶほうがおすすめです。

耐震性の優れた物件を選ぶ

震度6を超えるような地震が起きた場合でも、平屋住宅なら確実に逃げられますし耐震性が優れた現代の建物であれば2階建て住宅でも逃げ遅れる事はまずありません。一方、販売価格の安さにつられて耐震性が高いとは言えないマンションを購入してしまった場合、特に上層階に関しては大震災発生時の死亡リスクが高まります。毎日地震の心配をしているような状態では快適な生活はおくれませんので、安心して過ごせるように耐震性の良さを売りにしている物件を選んでください。

バルコニーの奥行きが広い物件を選ぶ

戸建て住宅には広い庭付きの物件も多いものの、マンションに関しては1階に居住する場合を除いて庭なしの環境下で暮らす事になります。それはガーデニングや野菜作りが趣味の人達にとっては大きなストレスになるかもしれません。ただし、バルコニーの奥行きが広い物件であれば様々な野菜や植物を育てられるほか昼寝・飲食などもできます。

小牧は名古屋市や一宮市などの都心部や交通量の多いエリアから少し離れているので、比較的、落ち着いた環境です。その為、小牧のマンションは落ち着いた環境を求める方から高い支持を集めています。

Related Posts