子どもと一緒に過ごすのに最適な間取りにしよう

注文住宅で間取りを決める場合には、どんな暮らし方をしたいのかをよく考えることが大切です。例えば子育て中の方であれば、子どもと一緒に過ごすのに最適な間取りを選ぶことがポイントになります。食事の支度をしながら子ども達を見守れるキッチンやおもちゃ遊びがしやすく添い寝もできる畳スペースなどがいいでしょう。子どもを見守れるキッチンならオープンキッチンが最適です。オープンキッチンなら食事の支度をしながら子どもとコミュニケーションをとることもできますし、お手伝いも頼みやすいという特徴があります。

子育てを快適にする間取りとは?

他にも子育てをもっと快適にしたいのであれば、庭を子どもが遊びやすい環境にすることが有効です。例えば庭に砂場遊びのスペースを設置すれば、公園まで連れて行かなくても安全に遊ばせることができます。子供が成長したら砂場スペースを家庭菜園にすればいいので、長く利用することが可能です。また夏の暑い時期や雨の日などにあると便利なのが軒下空間です。軒下空間があれば、暑い日や雨の日でも外の空気を感じながら遊ぶことができます。室内にも自由にお絵かきできるようなホワイトボードを設置するのが有効です。ホワイトボードの枠内であれば、自由にお絵かきできるので、絵をかくことが好きな子に最適なであるといえます。

子どもが大きくなった時も想定して間取りを考えよう

子どもが大きくなった時のことを想定した間取り作りをすることも大切です。思春期になり個室で過ごすことが多くなった頃でも家族が顔を合わせられるようにリビングに階段を設置したり、一緒に朝の支度ができるようにダブルボウル洗面台を設置することは有効です。

大阪の注文住宅を上手に建てるためのコツは、何と言っても設計士とのコミュニケーションです。設計でほぼ全てが完了する注文住宅ではいかに設計に盛り込んでいくかが重要ですので、設計士への要望はとても大切です。

Related Posts