注文住宅にはどんな種類がある?

まず注文住宅には「フルオーダー住宅」と「セミオーダー住宅」の2種類があり、より良い方法を選択しなくてはなりません。フルオーダー住宅は使用する素材や室内のデザインに至るまで、新築するために必要な全ての項目を依頼人が指定します。自分だけのオリジナルな住居を完成するメリットはありますが、費用や時間などが多くかかります。セミオーダー住宅では基本仕様が決められているため、依頼人が選ぶのは住宅設備の色などに限られます。そのため短期間に建設することができる半面、全てを理想通りにすることは困難になります。

その他の注文できる項目は?

間取りに関しては、依頼人が家族構成などを考慮して決定できることも注文住宅の魅力の一つです。もちろん、各家庭のライフスタイルに合わせて和室は必要なのか、フローリングの洋室だけが良いのかも主要な問題です。収納については洋服が多い家族の場合、ウォークインクローゼットを複数作るなどのカスタムも可能です。マイカーを所持している方なら駐車場が必要になりますが、そうではない方は駐車スペースを庭として使うことができ、ガーデニングを楽しむ夢も広がります。

重要なお金の問題は?

住宅ローンを組む必要がある場合もあります。工費には土地代を初めとして、家全体を作るための本体工事費・照明器具やカーテンなどの別途工事費や住宅ローン保険料などの諸費用がかかります。ローンの返済額は収入の25%以内が目安とされていますが、もう少し金額を抑えたい方もいらっしゃるでしょう。全ての方に予算のゆとりがあるわけではありません。諸費用その場合に無駄をはぶき、重要な項目をピックアップしコストを抑えることも注文住宅なら容易です。その他、少しでも早く融資をしてもらうためにつなぎ融資を利用するのであれば、金利が高めなので借入期間をできる限り短く設定するなどの配慮も必要です。

まずは資料請求をしてみよう!

注文住宅を建てることが決まったら、希望している地域の地域性を考慮した住宅の現状をリサーチすることも必要です。現代的でシャープなデザインが多いのか、反対にクラシカルで和風な建築が多い地域なのか気になるところです。近年多発している地震や暴風雨など、自然災害を考慮した工法はどれが良いのか、バリアフリーなど住宅スタイルについての考察も大切です。希望する地域に実際に足を運んでみて、皮膚感覚的に感じ取ることは大事です。さらに、注文住宅についての知識を深めるために関連する書籍などを読むことも重要です。そして具体的な工法やデザインと費用の関係を把握するために、各メーカーのパンフレットなどを取り寄せて検討することがおすすめです。

都心部で働く場合、横浜の注文住宅を購入すると、東京都内に比べ安い事が多く、アクセスも良いので最適です。ラッシュ時の渋滞については、出勤時間を工夫する事で避ける事ができます。

Related Posts