室温の低下に悩まされないように吹き抜けを作る

広々とした吹き抜けのある注文住宅を建築したくても、冬場に肌寒さを感じる事にならないか心配だという人は、吹き抜けの構造を工夫する事をおすすめします。余計な風の通り道を作らないように吹き抜けのデザインを変えるだけでも、冷たい風が室内を通りにくくなって、肌寒さに悩まされずに開放感を楽しめます。

吹き抜けのある部屋に床下暖房を設置するのもおすすめで、足元を温める事によって室温の低下が気にならないところが魅力です。家族が集まる場所にだけ床下暖房を設置する事によって、設置にかかるコストや消費電力を削減できるので、省エネを意識している方々も床下暖房を気軽に設置できます。ハウスメーカーのスタッフは、月々の光熱費に関する相談も受け付けているので、消費電力の計算を一人でする必要もありません。

天窓のある注文住宅の作り方

開放感のある部屋を作るために注文住宅のデザインを考える際には、部屋を広くするだけでなく窓の配置にこだわりを持つ事も重要です。部屋の開放感を高めたい時には、天窓をいくつか設置するのもおすすめで、天井から光が降り注ぐ事によって明るい空間を作り出せます。天窓を取り付ける事によって、直射日光が原因で室温が上がらないか心配な時には、断熱ガラスを使った天窓を設置してください。最新の断熱ガラスは高性能で価格が安いものが多いために、直射日光が原因で室温が上がりすぎてしまう心配もなく、開放感と部屋の明るさを楽しめます。天窓のサイズや形にこだわる事でも、オリジナリティのある注文住宅を作り出せます。

神奈川の注文住宅の建築を考えたとき、その立地環境はとても重要です。例えば海沿いでは、海風による塩の被害も考えられます。立地環境に適した建築材料の選択がとても重要となります。

Related Posts